2007年06月04日

花笠まつり

hanagasa.gif
花笠まつりは、毎年8月にスゲ笠に赤い花飾りをつけた花笠を手にし、「花笠音頭」にあわせて街を踊り練りあるく祭です。この祭りは山形県内数か所で開催されますが、山形市で行なわれるものが広く知られています。

8月5・6・7日、山形市内のメインストリート(十日町角から文翔館前1.2キロメートル)で山形の夏を彩ります、3日間の人出も100万人という大きなお祭りです。

花笠まつりの起源
花笠まつりで歌われる「花笠音頭」の起源は諸説ありますが、大正中期に尾花沢で土木作業時の調子あわせに歌われた「土突き歌」が起源といわれており、昭和初期にこれが民謡化され「花笠音頭」またの名を「花笠踊り唄」といわれるようになりました。

「ヤッショ、マカショ」の囃子ことばは、その土突きの掛け声から出たといわれ、また一説には、同じ囃子ことばが、最上川河口の港町酒田市の民謡「酒田舟方節」にもあり、それを取り入れたともいわれています。

また踊りについては、菅で編んだ笠に赤く染めた紙で花飾りをつけたものを景気づけに振ったり回したりしたのが発祥といわれています。

by Wikipedia


posted by skipfine at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山形花笠まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。